【レポート】第5回DIYワークショップ!カッティングボードづくり

8月12日(土)にDIYワークショップ開催されました。
今回は、カッティングボードづくりです。
無垢の木でおしゃれなカッティングボードをつくってもらいました!

カッティングボードづくり

樹種選び

まずは、5種類の樹種から1枚の板を選んでもらいます。
色、硬さ、木目が異なる板からお気に入りを見つけてもらい、好きな形にデザインしてもらいます。

杉、桐、ケヤキ、桜、ナラです。
硬さや重さを比べてもらいました。
軽くて使いやすそうな杉や桐。
見た目がおしゃれなケヤキ、桜、ブナといった特徴です。

デザイン

鉛筆と定規を使って、デザイン・下書きをしてもらいました。
角が丸くなったサンプルが人気で、真似をして下書きをしてくれる人が多かったです。

角の丸は、マスキングテープやコップの底を定規代わりにして書いてみました。
クジラの形に挑戦している人もいて、ナイスアイディアです。

のこぎりでカット

今回のワークショップのメイン工程は、のこぎりです。
のこぎりを使ったワークショップは初開催。
電動工具ではないため、時間がかかり、力も使いますが、
木工の楽しさを感じてもらえると思います!

大小さまざまなのこぎりを準備しました。
のこぎりの種類の説明や、切り方のアドバイスをし、作業開始!

須藤から説明。
「へー」といった声も。

クランプで板を固定して切ると一人でも作業がしやすいです。

女の子でも大丈夫。
丁寧な指導を心がけています。

こどもの真剣な表情っていいですね。

硬い木はなかなか進みませんので、大変だったかと思いますが、休憩もはさみながら全員カット完了。

やすりがけ

のこぎりで切ったところは角ばっています。
その部分は、やすりで削ってもらい角に丸みをつけました。
好みの丸みをつけるためにみんな集中して頑張っていましたよ。

オリーブオイルで仕上げ!

お家に帰ってからもメンテナンスしやすいように、オリーブオイルで仕上げることにしました。
オリーブオイルを塗ると、木に色がついてきます。

赤・茶が濃くなり、木目が強調されます。
どんな表情が出るかは、塗ってみなければわからないので、塗った後の色を見て、みんなで見せ合いました。
特に杉の色の変化は、好評でした。

ワークショップの横で遊びまわるこどもたち。

完成作品

完成!

どの作品も素敵です。

のこぎりを使ったワークショップは、大変な分、とっても面白いです。
これからは電動工具の便利さを教えつつ、のこぎりやかなづちなどの道具も使ってワークショップを開催していきたいと思います。
こどももおとなも楽しめるワークショップで、
DIYの楽しさを伝えていきます。

ワークショップで出会ったみなさんから、ものづくりの相談や、リノベーションの相談をしてもらえるようにこれからも毎月DIYワークショップを開催していきます!

どんなものづくりでもお気軽にご相談ください。